スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱の大阪日記2日目-阪急今津北線編-

大阪旅行編まだまだ続きます.

帰京する友人を見送ったのちに,残された友人と2人で阪急電車を撮りに行くこととなりました.
せっかく阪急を撮るなら,阪急の牙城たる宝塚に行きたいと,阪急のカレンダーには大体出てくる,大劇場を背景にした今津北線の構図を撮ることにしました.

3000系です.
DSC_0568.jpg
麗しきかな大劇場.
DSC_0574.jpg
さっきの編成をもう少し進めた構図.
もう少しカメラを左に振ればよかったですね.まだまだ勉強が足りません.

劇場の脇から宝塚駅に進入する列車.
DSC_0581.jpg
列車を流すというよりただぶれただけになってしまいましたね……….

音楽学校も入れて3000系.
DSC_0595.jpg

河川敷に降りてあおり気味に.
DSC_0613.jpg
あの音楽学校の建物の中で育てられている子のうち,果たして何人がスター路線を歩むのでしょうか.

武庫川では鵜が魚を狙っていました.
DSC_0619.jpg
DSC_0620.jpg
3日前に降った雨でかなり増水したため,流されながらも浮かんでは潜り浮かんでは潜りしている姿に思わず笑みがこぼれます.

運用に入っていた7000系.
DSC_0626.jpg
あまり人気ではない,肩のアイボリー塗装ですが,個人的には結構好きです.
今津北線を走る7000系は僕は多く狙えるわけではないので,まあラッキーでした.まあ京都方面への直通特急運用で定期的に入るんですけどねw

せっかくなので宝塚駅まで戻って見ることにしました.
DSC_0636.jpg
最初は西宮名塩かなあと思いましたが,どうやらすみれが丘らしいです.

かつての宝塚ファミリーランドから大劇場の前を通って駅までの道である宝塚花のみちを通って駅まで向かいます.
劇場の出演者出入り口では出待ちのファンの方々を見ることができました.

談笑するタカラヅカファンを見下ろす阪急電車.
DSC_0645.jpg
今度行くときは公演のチケットを持って行きたいなあと.

「生徒」という言葉は小林一三が歌劇団を「芸者や舞妓のようなもの」と批判されたときに「高等な音楽教育を施された『生徒』によって行われる」と反論して以来用いられてるそうです.
DSC_0639.jpg
ちなみに奥が出演者出入り口です.

花のみちでは思い思いの過ごし方があるようです.
DSC_0655.jpg
スケッチうめえw

花のみちの象徴である「燕尾服の紳士」のブロンズ像.
DSC_0653.jpg
桜の季節にまた来たい場所です.

〈杏雀堂〉
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

狂乱の大阪旅行2日目-京阪電車編-

守口市のホテルで夜を明かした我々は,2日目を京阪電車でスタートさせることとしました.

京阪をまともに撮るのは実は初めてです.昔樟葉に住んでいたのにいまいちよくわからないんですよね……….
最初に来たのは7000系でした.
DSC_0459.jpg
京阪で好きな系列を上げたらツートップに入る系列ですね.GMの模型買おうかなあ.

続いてはキメラ1000系.
DSC_0483.jpg
さっきの7000系とこの系列で京阪の好きな車両ツートップを形成します.台枠が露出してることからも只者じゃない雰囲気を漂わせていますね.

DSC_0484.jpg
いぇーい!はみだしてるぅー?!
8000系も来ました.
DSC_0491.jpg
実はこいつに乗ったことはほとんどありません.だって通過してたし(

5000系.
DSC_0524.jpg
5ドア使用時に1回乗ったことがあるような……….某アニメのイケメン君のヘッドマーク付きです.

9000系もこの色だと7200系とどう違うのがわかりませんね.
DSC_0534.jpg
比較すると窓の寸法やらが違うようです.そういえば急行淀行きって土休日ダイヤにしか無いんですね.

2400系.
DSC_0550.jpg
このへんはよくわからないんですよね……………….2200系と2400系と2600系ってパッと見どうやって見分けるんでしょうか.特に2400系と2630系って何が違うのかさっぱりわかりません………….

ホーム監視をする運転士さん.
DSC_0476.jpg
関西の私鉄って運転士もホーム監視をする傾向がありますよね.関東とは多分車掌と運転士という職種の役割と責任についての考え方が異なるからでしょうかね.

最後に来た2200系.
DSC_0554.jpg
この前面デザインの車両は残り数少ないそうです.っていうかまだ走ってたの?
昔このデザインの車両で2222号車っていうのがいましたよね.

この後友人の一人が帰京するというので,梅田までお見送りに行きまして,そのまま阪急電車へと移動することとしました.その話はまた別にいたしましょう.

〈杏雀堂〉

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

狂乱の大阪日記-南海高野線編-

去る3月の半ば,友人3人と大阪へ旅行へ行ってまいりました.
今回は完全に鉄道趣味が目的でしたので,地元の友人にも会わずひたすら写真を撮ってました.地元関係者各位におきましては,またの機会にということで.

時間を定めずになんば駅に現地集合という,半ばやけくそとも思えるようなスタートを切った我々ですが,なんとまあ30分の間に全員が集合するという奇跡を成し遂げたことをここに記します.

大阪に行ったら南海高野線を撮りたいという声が多く上がっていたので,まずは南海高野線に.南海高野線は,すでに旅立った祖母が北野田からバスに乗ったところに住んでいたので,おそらく10年近くぶりの乗車だと思います.

なんばからまずは住吉東駅に移動.すぐ堺東寄りの踏切で写真撮影を開始.
で,いきなり来たのが泉北車.
DSC_0065.jpg
7020系?知らない子ですね.

南海高野線で私が2番目に好きな車両の6200系.
DSC_0073.jpg
区間急行三日市町とか2000年前後に消えたものが,再び運転しているのを見ると不思議な気分です.

泉北の3000系.厳密にいうと3050系.
DSC_0108.jpg
逆や!逆の顔が見たいんや………!

この辺りは戦災に遭わなかったので,古い街並みが残っています.
DSC_0126.jpg

住吉東駅自体も古い作りで,上下線別の改札を結ぶ地下通路は階段と自転車用のスロープしかありません.
DSC_0148.jpg
ポスターもいつのやねんという色あせたものがはがされずに放置されています.
DSC_0158.jpg
今時,ボタン式の券売機がゴロゴロしてる駅なんて東京じゃまず見られませんよ.風情があるといえば聞こえはいいですが,日本を代表する大阪市内の風景とはとても思えません.ですが,そんな高野線沿線が僕は割と好きです.

住吉東から再度電車に乗って浅香山駅に出ます.
DSC_0166.jpg
そもそも高野線に来たのは,コルゲートステンレス車のかっこいい写真が撮りたかったからなんですよねえ.(忘れかけた目的を思い出した時の顔)
DSC_0203.jpg
DSC_0347.jpg
南海っぽさでは6000系や6100系なんでしょうが,僕は6200系の方が好みです.
DSC_0369.jpg
で,僕の最大級の愛をささげる車両.(元)8200系です.
DSC_0227.jpg
なんでや……なんでスカートついてるんや………….好き好き連呼してるくせにピントがぼけています.再履修決定です.

近くの大和川鉄橋にも行ってみました.
DSC_0248.jpg

大失業時代の2000系です.
DSC_0297.jpg
一時よりも落ち着いたとはいえ,この子どうするんでしょうね.明らかに持て余されています.

大和川沿いには現在阪神高速大和川線が建設されています.
DSC_0313.jpg
工事現場のガードマンのおっちゃんに「いつできますのん?」と聞いたら「いやあ僕にもようわかりませんわあ.工事難しいねん~」と帰ってきました.いいおっちゃんです.
再度浅香山駅に戻ってコルゲートをパシャパシャ.
DSC_0203.jpg
DSC_0322.jpg
DSC_0426.jpg
やっぱ夕日に照らされたステンレス車両って素敵だなあと思いましたまる.

〈杏雀堂〉

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

H26編成,南武線に行く

もう転属からだいぶ経ってすでに運用も開始してますがな.


先日鎌倉のH26編成がナハ17編成として中原に転属しました.
元京浜東北の車両が装いを変えてまだ走るっていうので,それとばかりに出場回送を追っかけてきました.

国立で中線に入るところは被られましたが,気を取り直して表記やら床下やらなんやらを.
保安装置表記です.
DSC_1316.jpg
ついに南武線にATCが導入されるようです.大進化ですね.(白目)
DSC_1318.jpg
表記通りD-ATCはそっくりそのまま装備されたままです.
DSC_1320.jpg
横浜線特有の滑走検知装置もそのまま.元空気ダメの脇の縦に長い機器です.
本当に帯を南武線仕様にしただけでの出場ですね.話には聞いていましたが,こうやって見せられるとすごく変な感じです.

その後は豊田まで追いかけました.
この姿でもう一度あるかないか微妙な豊田入出庫を撮るためです.とはいえ入庫には間に合わないのは自明なので,何としても出庫だけでも撮らねば,とがんばって足を動かして豊田区の歩道橋へ.

で,かろうじて間に合いました.
DSC_1324.jpg
最後尾が切れてしまいましたし,架線がうるさいですが仕方ありませんね.
ナハ17が豊田区に来た,という証明になれば十分です.

豊田ではE233とも並びました.
DSC_1333.jpg
国立ですでに並んでるやん,っていう突っ込みは気にしない.

その後は再度立川に移動しました.
DSC_1341.jpg
立川の上り中線に入線した姿も貴重かもしれませんよ?

上り中線でしばしの停車の後,南武線へと向かっていきました.
DSC_1354.jpg
このくねくね具合がたまらない(

このナハ17はE233が来るまでのつなぎらしいので運用期間は1年あるかないかだそうです.
正面LEDの表示幕も目を引きますが,他路線新製配置の大窓車が南武線で運用に就くこと自体が初めてです.それが京浜東北線新製配置車っていうんだから感慨深いものがあります.ぜひとも模型にしたいところ.

で,模型ですが,南武線の先頭車は1両だけいました.あと1両どこから入手するかが悩みどころです.
南武線は屋根が大量に欲しいので,KATOさんほんとに早く製品化してください……………(懇願).

〈杏雀堂〉

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

埼京線をちょっと派手にしてみる

いよいよ埼京線の205系が残り1本となりました.
ヘッドマーク装着期間が終わり,運用離脱待ったなしとささやかれていますが,実際のところどうなるんでしょうね.個人的にはATACS対応工事が終わるまで残るんじゃないかなあ,とは考えています.っていうか残ったのカワ28かよwwwwwwっていうね.

さて,去年とあるところで,埼京線レルヒさんラッピングなるものを手に入れました.
今までもしたいなあ,とは思っていたのですが,埼京線の一般的な編成である6扉車のサハ204を両組み込んだ編成が1本しか持ってなかったこともあってのびのびになっていました.
しかしまあ,どうせ埼京の205系って価格安いし,なによりこの編成は「部品取りでジャンクの車両を集めてたらいつの間にか編成ができていた」ものなので,ボディの状態がよくない(というか悪い)こともあって,どうせならとラッピングしてしまうことにしました.要は状態の悪いボディから目をそらすためのラッピングというわけです.

埼京線のレルヒさんラッピングは2011年度の冬に施されたものと2012年度の冬に施されたものとがあります.僕が入手したのは2011年度のもので,カワ5編成に施されました.黄色地が目を引くデザインですね.ちなみに実車の写真は撮っていません.

と,いうわけでいきなり完成写真です.DSC_0023.jpg
ちなみにT'はこのように貼られます.
DSC_0021.jpg
せっかくなのでドアステッカーも貼りました.
埼京線はドアステッカーが1種類だけなので楽ですね.武蔵野線や南武線だとこうはいきません.え?節電ステッカー?あれ欲しいですね(
今回はクーラーについては弄らず,床下機器も後回しにしています.もともと当方の仕様でM車の抵抗器とM'車のMG撤去,TcおよびTc'のATC取り付けは行っていますので,TcおよびTc'のATC以外の床下機器正調化だけなのですが,面倒臭がって進む気配がありません.

ところで,ボディの状態が悪いと書きました.どのような状態かと申しますと
DSC_0010-1.jpg
このような状態です.右の裾に傷があるのがはっきりとわかります.娘を傷物にっていうわけではありませんが,この傷のおかげで相当安かったので,別にいいのです.だってもともと部品取りだし.

ちなみにステッカー自体は貼りやすくまた薄いので厚みもそれほど気になりません.むしろこのステッカー素材でヤテ35編成とカワ29編成をやり直したいくらいです.どこで売ってるんだろう……….

さて埼京線は現在7本と,だいぶそろってきましたね.ふざけて「埼京線10本は持ちたいよねえ」などと言っていたのが,だいぶ現実味を帯びてきました.っていうか残り3本分の計画が出来上がってしまいました.
あるぇー.

〈杏雀堂〉

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。