スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅平,雪が降っていない時の楽しみ方

2日目は自然分野らしく,植生と地質のお話です.
もっとも,前夜に教授も含めて2:00まで呑んでいたせいもあって,テンションはあまり高くなく,2日酔い気味のスタートです.

こうやって見る菅平は非常になだらかな地形ですが,地形図を見てもらえればわかるとおり,急峻な地形の中に忽然となだらかな平面(当然傾斜してるけど)が現れる格好となっています.形成過程としては,現在の菅平の北東方向にあった四阿火山が噴火したことで山体が崩壊し,ふもとにあった谷を埋め立て,古菅平湖を形成.それが陸化したものが現在の菅平,ということだそうです.
P1000841.jpg
古菅平湖の面影を残すもの…と言いましょうか,菅平の中央部にある菅平湿原です.現在では土砂の流入が深刻化しているらしく,さまざまな対策が取られているそうで.
P1000842.jpg
見た限り,基本的にヨシとオオカサスゲに覆われていましたが,やたらと倒れていたのが気になりました.向きが一定ではないことの解釈で意見の相違がありましたが,議論の結果,風の影響によるものだろうということで落ち着きました.ただ,木が多く繁茂しており,風はこれらの木により分散されるため,これほどまでに倒れるのかが疑問ですね.また,向きが一様でないことに加え,倒れていない部分もあることも,いまいち納得がいかない理由の一つです.土壌が軟弱である分,少々の風でも倒れやすいと言おうことなんでしょうか……….ただ,確かに風以外にこれらを倒す要素が見当たらないっていうことは風の影響なんでしょう.

さて,菅平から見て北東の山々が大きな一つの山だった,ということの証拠の一つとなる景観が下の写真です.
P1000845.jpg
左が根子岳,右が四阿山です.明らかに両者の稜線が一つの頂上を描いているように見えません?
この写真に写っている根子岳,四阿山のほか,浦倉山,奇妙山の4山は噴火前,四阿火山という一つの大きな火山でした.これが,噴火により東側にカルデラを形成.現在の地形に至ったわけです.先のリンクの地図を見るとよくわかりますが,北東側に口を開けた円周が確認できるかと思いますが,これがカルデラです.先にあげた4山はカルデラの外輪山に相当します.

続いては溶岩堆積が確認できる場所へ.
P1000846.jpg
唐沢の滝といいまして,
P1000847.jpg
このように見事な滝です.
溶岩流を侵食している滝で,1枚目の手前にごろごろしている大きな石は,崖から浸食されて切り離されたものとのこと.

このあたりは弥生時代の頃からどうやら人が住んでいた痕跡があるらしく,先の菅平湿原の脇にある,菅平自然館では,遺跡出土品も観れるそうな.
それと関係があるのかどうかは知りませんが,
P1000848.jpg
このように亀の甲状に並べられた石も観られまして,どういうものなのか気になるところです.

面白いのは滝の左右で全く植生が異なるところ.
良い写真が無いので,見にくくて申し訳ないのですが,
P1000849.jpg
谷の左岸は針葉樹林,右岸はナラなどの広葉樹林体となっています.
P1000855.jpg

で,これが,本題.
P1000850.jpg
木の間の地層に,縞模様っぽいものが見えるかと思います.
これが古菅平湖の湖生堆積物です.
P1000854.jpg
ちなみに,そのすぐ下には礫が観れます.
どういう理屈なのかはよくわかりませんが.


と,いうわけで,菅平のお話はこれでおしまい.本当は生き返りの写真などをもっととればよかったんですがw
畑違いの自然分野とは言え,人文よりも調査自体はよほど面白いんじゃないかと思います.何も考えずに自然に行った自分が少々恨めしい.

〈杏雀堂〉
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。