スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日帰り大阪紀行-梅田散策編-

その後,2時間ほどの用事を済ませ,梅田界隈を散策.大阪駅北地区先行開発がいよいよ佳境を迎えています.
就職活動では大阪の企業や公社・団体を考えているので,今の大阪の現状を少しでも目に入れておきたいのです.

大阪北地区先行開発,通称「グランフロント大阪」が2013年春のオープンを目指して最後の仕上げといった雰囲気.
概要などはこれを観た方が早いですね.


A地区の写真.オフィスと商業施設が入る建物です.
P1010349.jpg
下層階には後述のB地区と合わせて阪急電鉄が運営する商業施設が入ります.
P1010346.jpg
高層階にはオフィスが入るようです.

B地区ですね.こちらは低層階からノースタワーとサウスタワーの2つの高層ビルが伸びている構造となっています.詳細は先の公式HPで(手抜き).低層階には商業施設と複合研究・開発施設の「ナジック・キャピタル」が入居するようです.ナジック・キャピタルの目的は企業やクリエーター,研究者が同じ場所に集うことで,より新しいものを作るという点.扇町にある「扇町インキュベーションプラザ・メビック扇町」をより拡大したものであるという解釈となるようです.ITに限らず,出版なども含めた情報・知識産業が一点に集中することで,情報量はより膨らみというレベルが拡大するというわけですね.六本木ヒルズなどでも起きている現象と同じようなことを大阪で積極的に推進しようということです.問題は情報・知識産業はいくら周辺部で育てても結局は中央である大阪や外国ならニューヨークなどに流れてしまうこと.先発のメビック扇町でも同じようなことが言われており,ここでも最終的には同様のこととなるでしょう.
P1010348.jpg
手前のガラス張りの建物がサウスタワー,奥に見えている茶色いビルがノースタワーです.サウスタワーにはオフィスが,ノースタワーには若干のオフィスとインターコンチネンタルホテルが入ります.インターコンチネンタルホテル

C地区は高層マンションとなるそうで.今はいいですが,今後貨物駅の残りが開発された場合,西側はもろに高層ビルの横になるわけですが,日照権とかは大丈夫なんでしょうかね.そのあたりはきっちりシュミレーションされてるでしょうから,問題はないのは分かっているんですが,感覚的な問題でね.ちなみに写真はありません.単に行くのを忘れただけですorz

で,問題はこれらの新規開発と既存部分との結合です.事実上,大阪駅の北口はこれと合わせた開発ですからまったくもって問題はありません.
P1010351.jpg
このように,大阪駅北口から直結となる通路が用意されています.

A地区~B地区もこの通路がビル内を突き抜ける形で連続する通路が用意されています.


しかしながら,隣接する阪急梅田駅との連絡はお世辞にも考慮されているといった風ではないようです.
現状においても,阪急梅田駅から大阪駅北口や今回の開発エリアに出ようと思うと
P1010356.jpg
この歩道橋がメインルートとなっています.もしくは写真左にちらりと写っている横断歩道もしくは,
https://maps.google.co.jp/maps?ll=34.70496,135.496987&spn=0.00314,0.004823&t=h&z=18&iwloc=A&lci=com.panoramio.all&brcurrent=3,0x6000e692221b75dd:0xfc25d8a99415c433,0
で写真中央にある芝田1丁目交差点しかないのです.歩道橋はあまりにも狭く,横断歩道では多くの人を捌くには規模が小さすぎるため,動線としては貧弱としか言いようがありません.
今でこそ,JRに取って代わられたものの阪急梅田駅はいまでも屈指の乗降客数を誇るターミナル駅です.そこから新規開発エリアへのアクセス性が乏しいというのは,阪急電鉄にとっては商業的に不利であるほか,今後人の行き来が増大した際に,現在でも飽和状態であるこの界隈の歩行者動線がパンクするおそれが非常に高いです.特に阪急より(御堂筋東側)は歩道が狭く,さらにバスの発着場があるためにとても安全とは言えないのが現状です.
そのため,阪急~大阪駅北地区の早急な動線確保が望まれます.しかし,開発概要を見る限り特には触れられてないんですよね……….個人的にはヨドバシ裏手の駐車場再開発もにらんだうえで新阪急ホテル付近から歩道橋を伸ばすべきではないかと思います.
新阪急ホテルは1964年に竣工して以来,40年が経過し設備の老朽化などが出てくる頃合いかと思います.実際,各口コミサイトなどを見ても設備の老朽化を指摘する声は多いようです.そこで,いっそ建て替えを伴うリニューアルを行ったうえで,大阪駅北地区との結節点として機能を向上させるべきではないかと.
そのためには,資金的な問題と建て替えを伴うリニューアルを施してリニューアル後はどう使用するかという問題も発生します.商業施設はさきのグランフロントと食い合う可能性のほか,阪急百貨店との中間という中途半端な場所であるほか,そもそも土地面積が狭いという問題もあるのが難点と言ったところでしょうか.しかし,阪急~梅田駅北地区の動線確保は,うめきたプロジェクト全体を展望したうえで,必ず問題となるポイントではないかなあ,と思います.

また,気になるのが大阪駅北口に入居する伊勢丹の不振です.こちらのニュースでもありように,大阪駅北口ビルに入居する伊勢丹の売り上げはとても芳しいとは言えません.同日行った阪急百貨店はグランドオープンのわずか1ヶ月後(11/21グランドオープン)とは言え,客足はかなりのものであったことを考えるとかなり厳しいのが現状です.
さらに阪急百貨店のみならず,梅田において買い物客でにぎわうポイントはHEPや阪神百貨店の近くにあるイーマなど梅田の南東に集中している傾向にあります.そのため,今までとは逆方向となる北西にどれほど客足が伸びるかは未知数と言えます.
もっとも,これは今まで伊勢丹しかなく,回遊性に乏しかったことも大いに影響していると思われますので,できてからのお楽しみと言った部分が大きいですね.

今回は,大阪駅北地区開発の先行開発の様子を綴ってみました.少しは人文地理っぽいお話ができたかな?
それではまた.

P1010357.jpg
北口にあるルクアから見た阪急百貨店.中央の赤い観覧車はご存じHEP FIVE


<杏雀堂>
スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

新たなデッキ

動線については計画されていますよ。
大阪駅周辺のビル群が新たなデッキで接続されます。

大阪駅やヨドバシ梅田などが空中回廊で接続、階段を降りずに移動可能に
http://buzzap.jp/news/20130128-jr-osaka-yodobashi-umeda/

大阪市の公式ページ
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/cmsfiles/contents/0000184/184331/20120927press_daitetsuatochi-chikukeikaku_setsumeizu3.pdf

ネットを検索すると他にも同様の情報が確認できます。

No title

>>AKIRA様

この度はコメント有難うございます.執筆者の杏雀堂です.私がこの記事が書き上げた後に発表されてましたね.どうやら,人間考えることはあまり変わらない様で,私が思っていたのとあまり変わらないルートでした.ただ,阪急三番街付近の歩道が手狭なので,そこに歩道橋の階段部分を設けて大丈夫か?という不安がありますね……
来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。