スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カワ28編成を作る-1-

いよいよ埼京線にもE233とやらが投入されました.現在はまだ試運転段階ですが2013年末には(我が愛しの)205系をすべて置き換えるようですね.相変わらず,JREさんは一度決めたら,怒涛のように仕掛けてきます.私も見習いたいくらいです.

実は,私の中ではエイプリルフールのネタ程度の扱いでしたので,あまり気にも留めていなかったのですが,実際に現れたとなると,結構うろたえました.

ちなみにこの記事を書いている時点では,既にカワ27編成が小山に疎開したうえになにやら怪しい編成組み換えなどをしております.
「………もう?」という感じですが,まあ決めるのは先方さんですので,外野はとやかく言っても仕方ありません.


さて,先日新たに205系埼京線セットを購入しました.
P1040246.jpg
これを活用して,全大窓4ドア現行仕様を制作したいと思います.



………
……………
セットそのまんまやん(



今回制作するのはカワ28編成(Tc107以下10連)です.お気づきの方もいらっしゃるでしょうが,この編成はもともと浦和電車区に投入後,山手電車区にヤテ35編成として貸し出された編成.
120322 ヤテ35編成作り直し版
こいつの現在を再現しよう,というわけです.

現在の実車はこんな感じ.
P1000647.jpg
6ドアステッカーがないのがチャームポイント.

この度購入したセットは2000年のロットの製品.個人的に,銀色の質感や帯色のバランスはこの頃のロットが一番好きですね.

車体に関しては特に弄るポイントはありません.帯色の変更が不要なので,せいぜい車番を変更するくらいですかね.車番についてはヤテ35編成の項で挙げた,HAMASYSのインレタの他にもBトレの車番ステッカーが使えます.ステッカーなのでどうしても厚みが出ますが,下地が透明でフォントもそれなりに似ている(完全に国鉄フォントではないらしいですが)うえ,何より入手しやすい(中古屋で未使用品が1枚¥50くらい)のでおすすめです.個人的にはこれで十分かなあと感じています.ただ,今回は手持ちのHAMASYSを使っての車番表現です.ちなみにHAMASYSさんのインレタは立川のキョーサンにもなかったので,市中在庫はおそらく全滅と思われます.


今回はなま酢君が紹介した101系のジャンパ線受けを利用し,私としては初めてのジャンパ線受け付Tcを(今更)再現することに.
Tcのジャンパ栓受けについては,埼京線新製配置車にはついていないのですが,他線からの転属編成には全てジャンパ栓受けがついていますので注意が必要です.もともとは埼京線に配置予定で急きょ三鷹区に配置が変更されたカワ7,9編成にも例外なくジャンパ栓受けがついていますし,今回のモデルとなる元浦和区配置のカワ28編成も同様です.ちなみにTc'にはついていないので,それはそのままで大丈夫ですね.
P1040271.jpg
おお!!それっぽくて引き締まった!!他編成にも波及させよう.
あ,205系と101系のジャンパ栓は形自体は全く異なるので,気になる方はトレジャーさんのパーツをお使いいただいた方がよろしいかと.

床下についてはケヨ21編成の記事をおおむね参考にしつつも,実車の調査を進め,内容をケヨ21の時よりも深化させました.それでも間違っていたらごめんなさい.

とにもかくにも,今回もGM床下機器Cにご活躍いただくことになります.
130702床下機器対照図
2013/07/01に画像を変更しました.
ポイントはATC電源装置とATC制御装置です.特にATC電源装置は103系から転用されたATCを装備する編成にのみについています.したがって,新製されたATCを装備する編成にはついていません.では,どうやって,見分けるかというと,ATC制御装置の箱の大きさ.よく見ると3分割されているATC制御装置のうち最も左側の部分が丸ごと無くなったような大きさです.新製ATCを装備するか転用ATCを装備するかはある程度法則性があるので,またの機会に,他の仕様なども含めてまとめて紹介しましょう.
また,今回は前回のケヨ21編成では省略したVRとVFも今回はしっかり表現することにしました.
注意点としては,Tcについてはこのまま取り付ければ大丈夫ですが,Tc'は機器配置が異なっているので,並び替えが必要となります.さらに,Tcにおいては,実車にはジャンパ栓収容箱の前位寄りに救援ブレーキがついておりますが,床下機器Cでは再現されていません.ただ,大きさがちょうどいいのが床下機器Cでは見当たりませんので,やたらと余る床下機器Aの丸を付けた部分を活用してみました.
救援ブレーキ代用
微妙に形は異なりますが,そもそもこんな目立たない機器の形にこだわる方はそういないだろう,という希望的観測を込めたものです.


MとM'はケヨ21編成と全く同様で,Mは抵抗器の交換を,M'の中間ユニットについてはMG関連機器の撤去を施したのみです.本来ならMGRの形がおかしい(211系としてみたら正しい)ので交換をすべきなんですが,それを施工してしまうと大きさのバランスがおかしくなり(KATOの床下機器はGMより大きい),M'の床下を全交換する羽目になります.で,そうなるとMの床下とのバランス上,また交換………となるので,これは見送り.


方向幕は電通車輛製造のステッカーを使用しました.ここのステッカーは鳳よりも貼りやすく,模型的にデフォルメが適度に施されているので私としては大変お気に入りだったのですが,どうやら生産を中止してしまったようでHPもありません…….


今回は導入ということでこの辺で.次回は床下機器工作の資料と完成写真がメインになります.
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。