スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単! ふくらむレシピ 1

路面電車、いいですよね。実は最近、先輩に触発されて路面電車にはまっております。


なま酢です。タイトルが唐突すぎてなんじゃこりゃ状態ですが、気にしないでください。この記事はずばりタイトルそのままです。簡単・お手軽にふくらむを作っちゃいます!
まずここで「ふくらむ」とはなんじゃらほい、という疑問が湧いてくると思います。当然です。ではまずFUKURAMについての解説から。以下、Wikipediaより引用。


福井鉄道F1000形電車(ふくいてつどうF1000がたでんしゃ)は、福井鉄道の路面電車である。2013年(平成25年)3月31日に営業運転を開始した。

3車体・3台車方式の100%低床構造の車両である。ドイツの車両製造メーカーであるアドトランツ(後にボンバルディア・トランスポーテーションに吸収)の技術をライセンス導入して新潟トランシスで製造された。この製造方式は、万葉線MLRV1000形、富山ライトレールTLR0600形などと同様だが、本形式は国内で初めて中間車を組み込んだ3車体構造をとり、車体全長は約27メートル、定員は155人(着席定員53人)である。

愛称はFUKURAM(ふくらむ)。これは、「FUKUI(福井)」と「TRAM(トラム)」を組み合わせた造語であり、街や夢が膨らむとの意味が込められている。

(引用終り)


とまぁ、要は福井鉄道の新型車両F1000形です。福井鉄道で旧来から走っている個性的な高床電車を置き換える目的で製造された車両です。一部の方々からは忌み嫌われそうですね…
文字を並べても分からないと思うので実車の写真をば。今年の9月2日に撮影したものです。

F1000 その1
何故ホームに止まってる写真しか撮らなかったのか… 悔やまれます。しかしカッコいいですね!!


今回はそんな福井鉄道の新車を簡単・お手軽に再現します! (いつもの通りお手軽改造なので実車と異なる点があります)



では始めましょう!

まずは材料です。
・岡山電気軌道 9200型
・富山ライトレール TRL0600形(色は何でもいいです)

F1000 その2
この2つを用意しましょう。

何故岡山電気なのかというと、それはズバリ扉の数です。富山ライトレール・万葉線は片側1扉/両ですが、岡山電気・ふくらむは後ろの車両は方は側2扉/両なのです。これは前者のホームがすべて左側にあるのに対し、後者は右側にもあるという、運用面での事情です。扉の数的に岡山の9200が最適だったのです。まぁ若干の差異はありますが。なので岡山電気というわけです。


では早速作業に入ります。まずは車体の塗装を落とします。

F1000 その6
真っ白ですね。

次に車体を切断します。4車体すべての顔を車体の縦の彫刻に沿って綺麗に切り落とします。ライトレールの顔は後々使うので綺麗に切り落として下さい。

F1000 その7
こんな感じです。何故段ボールの上で作業をしたのかは話が長くなるのでしませんが、段ボールの上で作業はしない方がいいですよ。経験者は語ります。


では、先頭車2車体分の加工に入ります。
先程顔を切り落とした岡山電気の車体にライトレールの顔をくっつけます。車体の彫刻に沿って切り落としているので切り継いだ後の表面の処理は楽です。
また、岡山電気のライトの位置はふくらむのものと異なるのでパテなり瞬着なりで平らにしておきます。

F1000 その5
こんな感じです。真ん中は未加工の中間車です。


ここで1つ。
実車の写真と岡山電気の写真を見比べていただければ分かると思いますが、この2つでは扉より上の横の筋の本数が異なります(F1000:3本、9200:1本)。この部分は結構気になりますが、今回は雰囲気重視という事で目を瞑りました。どうしても気になる方はライトレールを切り継ぐといいと思います。この場合、種車はライトレール2本になります。


次に中間車の製作に入ります。
幌が付いている方のライトレールの車体の顔が付いていた側を、幌が付いていない車体の幌を受ける側同様の形態に加工します。ここは最早勘で削っていって、現物合わせでやる他無いと思います。

F1000 その8
加工済みの車体がこちら。こんな感じに削れれば問題ありません。と言ってもアップを撮り忘れたため、編成写真的なものになってます。わかり辛いですよね、ごめんなさい。



さて、車体側の加工はこれでおしまいです。次回は色を塗っていきます。お楽しみに!


なま酢


簡単! ふくらむレシピ 2 はこちら
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。