スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂乱の大阪日記2日目-阪急今津北線編-

大阪旅行編まだまだ続きます.

帰京する友人を見送ったのちに,残された友人と2人で阪急電車を撮りに行くこととなりました.
せっかく阪急を撮るなら,阪急の牙城たる宝塚に行きたいと,阪急のカレンダーには大体出てくる,大劇場を背景にした今津北線の構図を撮ることにしました.

3000系です.
DSC_0568.jpg
麗しきかな大劇場.
DSC_0574.jpg
さっきの編成をもう少し進めた構図.
もう少しカメラを左に振ればよかったですね.まだまだ勉強が足りません.

劇場の脇から宝塚駅に進入する列車.
DSC_0581.jpg
列車を流すというよりただぶれただけになってしまいましたね……….

音楽学校も入れて3000系.
DSC_0595.jpg

河川敷に降りてあおり気味に.
DSC_0613.jpg
あの音楽学校の建物の中で育てられている子のうち,果たして何人がスター路線を歩むのでしょうか.

武庫川では鵜が魚を狙っていました.
DSC_0619.jpg
DSC_0620.jpg
3日前に降った雨でかなり増水したため,流されながらも浮かんでは潜り浮かんでは潜りしている姿に思わず笑みがこぼれます.

運用に入っていた7000系.
DSC_0626.jpg
あまり人気ではない,肩のアイボリー塗装ですが,個人的には結構好きです.
今津北線を走る7000系は僕は多く狙えるわけではないので,まあラッキーでした.まあ京都方面への直通特急運用で定期的に入るんですけどねw

せっかくなので宝塚駅まで戻って見ることにしました.
DSC_0636.jpg
最初は西宮名塩かなあと思いましたが,どうやらすみれが丘らしいです.

かつての宝塚ファミリーランドから大劇場の前を通って駅までの道である宝塚花のみちを通って駅まで向かいます.
劇場の出演者出入り口では出待ちのファンの方々を見ることができました.

談笑するタカラヅカファンを見下ろす阪急電車.
DSC_0645.jpg
今度行くときは公演のチケットを持って行きたいなあと.

「生徒」という言葉は小林一三が歌劇団を「芸者や舞妓のようなもの」と批判されたときに「高等な音楽教育を施された『生徒』によって行われる」と反論して以来用いられてるそうです.
DSC_0639.jpg
ちなみに奥が出演者出入り口です.

花のみちでは思い思いの過ごし方があるようです.
DSC_0655.jpg
スケッチうめえw

花のみちの象徴である「燕尾服の紳士」のブロンズ像.
DSC_0653.jpg
桜の季節にまた来たい場所です.

〈杏雀堂〉
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。