スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケヨ21編成の床下近似化

先の記事であげたように,現在ケヨ21編成の床下機器の近似化を図って作業をしています.
KATOの205系は車体の出来は非常によろしいのですが,床下はT'(サハ204)を除いて他車種からの流用なのは有名な話かと思います.
M,M'は211系なのでそれなりに似てはいるのですが,Tc,Tc'とTは西武101系なので根本的に異なるのです.また,3~4年前くらいから抵抗器の数があまりにも多くてちょっと…と思い,M車(モハ205)については抵抗器削減,および中間ユニットのMG関連機器の撤去は行ってきていたのですが,いかんせん手を入れていない部分が非常に目立ってしまい,それならばと全車にわたって床下の近似化加工を行うこととしたわけです.

筆者は基本的に「走ればいい」のでかなり粗っぽく加工します.そのため他人の目にさらすにはあまりに下手糞なんです.
そのためシルエットくらいにしか写真にしませんので,ご了承を.そのかわり資料写真になるものは大量に添付するんで,そのあたりで妥協してくれると非常にありがたいのです.

まずはTcやTの加工について.
最初にすべての機器を切除してしまいます.
P1030247_convert_20120408192513.jpg
机がとても汚いとこには触れないように.

ここから,GMの「床下機器C」の近似しているパーツを適宜取りつけます.この「床下機器C」は205系の埼京線用Tcそのまんまなので,まさにぴったりのパーツです.もっとも,全部の機器を取り付けると今回のケヨ21編成の場合はエラーになってしまいますのでご注意.

130702床下機器対照図
(2013年7月3日付で画像を変更しました.)
床下機器を図中で示してみました.基本的に「ブレーキ制御装置」,「供給空気ダメ」,「接地スイッチ」(要はアースですね)のみをTに,Tc,Tc'はこれに「ATS-P制御器」,「無線装置」などを取り付ければいいことになります.
取り付け位置は当然T,Tc,Tc'で異なるので要注意.
とは言っても,「ブレーキ制御装置」「ATS-P制御器」は海(①‐③位(Tc基準))側に,「供給空気ダメ」「供給空気ダメ」は山(②-④位(Tc基準))側に設置されています.

と,いうわけで,これらの機器を所定の場所に接着していけば大体できあがり.
ところで,所定の場所ってどこやねん!!ってな方はをこちらのサイトかけやま写真館が有名ですね.

しかしまあ他人に頼るのもあれなんで,というわけでこちらでも参考写真をば.

ケヨ21編成はTc,Tc'については新製配置が南武線のナハ16編成(新製配置時)ですので,同時期の南武線新製配置車をそのまま参考にすればよろしいことに.
Tcの海側(東海道本線基準).
P1030314_convert_20120424012319.jpg

ブレーキ制御装置とATS-Pの位置関係はこんな感じです.
P1030315_convert_20120424021932.jpg

山側
P1030313_convert_20120424015138.jpg

接地スイッチや供給空気ダメの位置関係はこんな感じですね.
P1030312_convert_20120424022348.jpg

なんか露出過多ですが気にしない方針で.
Tc’も以下の通り.海側ですね.前位台車が切れたorz.
P1030316_convert_20120424021330.jpg

ブレーキ制御装置やATS-Pのおおまかな位置関係.
P1030318_convert_20120424023138.jpg

山側
P1030319_convert_20120424021523.jpg

接地スイッチや供給空気ダメの位置関係です.
P1030320_convert_20120424023503.jpg


以上のような感じです.大体の位置は推測できるかと思います.


これを上に挙げたGM床下機器Cに当てはめればいいわけです.南武線~京葉線ではまずATCは不要です.またジャンパ栓はTcの前頭部に装着されてますのでこれも不要.
とまあこんな感じでペタペタすれば以下のようなシルエットになります.
これはTc.こちらは海側です.
P1030327_convert_20120424010106.jpg
山側
P1030332_convert_20120424010301.jpg

これはTc'の海側.前回(3/31)と同写真です.
P1030073_convert_20120331050131.jpg

こっちは山側.
P1030074.jpg

製品と比べてかなりすっきりしています.こうなるとATS車上子がアクセントとしてほしいかも.
続いてT車.
これもまた全部削ってしまいます.っていうかTは「ブレーキ制御装置」,「供給空気ダメ」,「接地スイッチ」があればいいだけ.このすっきり感が何とも言えません.
Tについては全車共通なので特にプロトタイプを得選ぶことなく,「その辺のT」をモデルにすれば問題ありません.
海側はこんな感じ.
P1030363_convert_20120504234840.jpg
これだけでもスカスカなのがお分かりいただけることでしょう.

接地スイッチと供給空気ダメの位置関係
P1030364_convert_20120504235634.jpg

続いて山側.
P1030365_convert_20120504235818.jpg
手前の台車が切れましたが,全く問題ありません(
ブレーキ制御装置しか見えないでしょ?

ブレーキ制御装置の位置関係
P1030366_convert_20120505000249.jpg
ドアコックの形状が違う?って思った方は鋭いですね.余談なので今回は語りませんが.

これをもとに模型で表現するとこんな感じになります.これは海側です.
P1030336_convert_20120505000749.jpg

山側
P1030334_convert_20120505000858.jpg
すっきりですね.

さらにMM'ユニットの加工に移ります.
Mは製品では211系の機器が流用されているため,実車よりも抵抗器が大分多くなっています.そのため,削減する必要が.ケヨ21編成では後期仕様なので小さいの1つに大きいのが3つの仕様.
P1020664_convert_20120505011819.jpg
これですね.

抵抗器は「GM床下機器A」のうち,P1000883shizi_convert_20120505010632.jpg
城丸で囲まれた部分「のみ」使用します.なんとうれしいことにこれもまた,ドンピシャです.ほかの部分は不要なので他車との転用や友人を交えたやり取りをした方がいいかもしれません.単価は\157と安いような気がするのですが,これが1編成で2個3個,さらには何編成とも積み重なると…………

元の抵抗器を削り,新たに載せ替えたのがこちらの写真
P1000187-1_convert_20120505011449.jpg
これまたすっきり.


最後にM'.10両編成もしくは6M2T編成ではMGが2基で事足りるため,真ん中のユニットのMGは撤去されています.そのため,M'の床下がTのごとくスカスカなのです.
写真で見るとよくわかります.両端のユニットでは
P1010510_convert_20120505012318.jpg
このようにMGが設置されていますが,中間のユニットでは
P1010511_convert_20120505012252.jpg
機器が設置されていません.

これを再現します.
山側
P1000965shizi_convert_20120505012826.jpg
海側
P1000963shizi_convert_20120505012747.jpg
の白丸で囲まれた部分を削り取れば終了です.
P1030386_convert_20120505030549.jpg
このような状態となります.

この状態を見てしまうと,製品状態ではゴチャゴチャしてどうもしっくりこなくなってしまいますよ.205系の床下機器ってかなりすっきりしたものだということがよくわかります.

自分でも大きく印象が変わることにびっくりしたので,徐々に他編成にも波及させることとなりそうです.


何回かに分けて連載形式にしたら記事数稼げたんちゃうかなあ…………
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

来訪者
プロフィール

杏雀堂

Author:杏雀堂
〈杏雀堂〉
東京都は日野台地に住む,院生という名のニート予備軍.
生まれ変わるならめぞん一刻の四谷さんになりたい.205系に狂った可哀そうな人.

〈なま酢〉
杏雀堂の後輩.マイペース.205系には特に思い入れは無い模様.


杏雀堂のblogになま酢が一枚かみ始めたので,当分は共同管理状態.領土問題には発展せず.

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新トラックバック
Twitter(杏雀堂)
Twitter (なま酢)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。